FXで利益が出た場合の税金と確定申告について

さてトレードをしてお金を稼いでいくのなら当然税金を支払う必要が出てきます。基本的に支払う必要性が出てくるのは利益が年間で20万以上出てきた時です。その場合には雑所得として計算がされます。もちろんこうなったら確定申告をして税金を納めなければなりませんが、トレードで得た金額によってその税率が変わってきます。例えば合計で200万以下なら税率15%ですが、これが200万以上で330万以下となると20%に上昇します。もちろんこの規定は一般的な業者のもので取引している場所によっては変わってくるかもしれませんが、どちらにせよ得た金額分の課税をしなければならなくなるのは変わりありません。だからこそ普段から自分がしてきたトレードを記録してどれくらい稼いでいるかを把握しておく必要があるのです。もちろん期限までに申告ができなかった場合には延納として遅れた分のペナルティも支払わなければなりません。そして稼いだ金額によっては刑事罰もありえるので脱税は考えないようにしましょう。最も税金を納めるということは無事に稼げているとのことなので、トレードしていく上ではある意味喜びがある悩みともいえます。そして前途したように税率は業者によって変わってくるので、税金納付のことを考えてその負担が少ないところを選ぶというのも1つの手です。